処方箋の有効期限

薬に関わることでは、処方箋が発行されたけれど、すぐに手に入れことが出来ないため、処方箋の有効期限が超えて、薬局で手に入れなくなる場合も時にみられます。

普通、処方箋を手に入れたら、その日の内に取りにいくので、そういう例は少ないと思うかもしれませんが、たまたまその日が忙しくて、後で取りに行ったら、期限切れだったという場合はままあるのです。

通常、処方箋の有効期限は、その日を入れて4日以内です

ただし、薬が出ていなくて、単純に処方箋切れの場合には、ある程度、救済する方法があります。

それは、もう一度、検察を受けて、保険のきく処方箋を出してもらうことです。少しの検察料と処方箋料はかかりますが、自費で薬をもらうより、非常に安くすみます。なぜなら、保険がききますから。

ですから、処方箋をなくした場合は、素直にそのことを伝えてみてください。
知識があって、良心的な医療機関なら、安いお金で新しい処方箋を出してくれるでしょう。
これは、処方箋の再発行とは、異なります。
ただし、病院によっては、厳格に運用して、そういう抜け道もとらないところもあるかもしれません。
その場合は、諦めてください。