処方箋医薬品と一般用医薬品がどんな違いがありますか?

処方箋医薬品とは
処方箋とは、医師が診察をして治療上必要と判断した医療用医薬品の種類や用法、用量、服用日数が記載された公的文書のことを指します。病院やクリニックから処方箋をもらい、それを調剤薬局へもっていくと処方される薬です。処方箋医薬品には、放射性医薬品・麻薬・向精神薬・覚せい剤・覚せい剤原料・特定生物由来製品・注射剤の他に、耐性菌を生じやすい、または使用方法が難しいもの、重篤な副作用等の恐れがあるもの、興奮作用や依存性等のために本来の目的以外の目的に使用される恐れがあるものなどが指定されています。

処方箋医薬品以外の一般用医薬品
処方箋医薬品に対し、処方箋不要で薬局以外で購入することもできる一般用医薬品があります。処方箋医薬品と同様に医師や歯科医師、獣医師と薬剤師によって使用される(患者さまに供給される)ことを目的として供給されている医薬品です。

処方箋医薬品と一般用医薬品の違い
処方箋医薬品と一般用医薬品と聞くと、処方箋医薬品が厳しい原則があり、処方箋医薬品以外の一般用医薬品はそんなに厳しく要求されていないというイメージが強いと認められています。実は一般用医薬品でも、特に薬理作用が強いものや、副作用について注意が必要なもの、使用方法が一般人では難しく理解しにくい、医師の診断や治療が不可欠な疾患に対して使う医薬品などを「処方箋医薬品」としたわけです。もちろん、処方箋医薬品と比べて、一般用医薬品の購入がもっと便利です。